低炭素住宅(LCCM 住宅(Life Cycle Carbon Minus:ライフサイクルカーボンマイナス住宅))とは、住宅の長い寿命の中で、建設時、運用時、廃棄時においてできるだけの省CO2 に取り組み、かつさらに太陽光発電などを利用した再生可能エネルギーの創出により、住宅建設時のCO2 排出量も含め生涯でのCO2 収支をマイナスにする住宅として提案されたものです。

 

具体的には、まず住宅のエネルギー消費を大幅に削減し、その消費量を上回るような太陽光発電を導入することで、建設時等に発生したCO2を運用時の余剰エネルギーにより返済する事になります。

 

太陽光発電以外にも、暖房機器や給湯機器、照明器具等は省エネ性能の高い機器を使用する等、様々な基準があり、その基準を満たした住宅でないと国に認定されません。

 

これから国が目指す社会は二酸化炭素排出量の少ない「低炭素社会」であり、それには「低炭素住宅」が不可欠です。そして低炭素住宅の基準を満たす為には省エネ性に優れた高性能住宅が最も効率的です。

 

これから低炭素住宅を普及させる為に、補助金制度や税制優遇制度の施行が予想されます。

情報が入り次第、またこちらでお知らせ致します。

 

お電話でのご相談・お問合せ
0234-22-7351

営業時間:9:00~18:00
(木曜、第2・4日曜日を除く)
担当:池田・佐藤